誹謗中傷に対する考察

人は思いのほか人を意識し、過干渉だと言えます。特に目立つ人、自分より能力の高い人、自分よりも容姿端麗でお金を沢山稼ぐ人に対し意識したり、注目する傾向にあります。



単にこうした人々に憧れたり、羨望の眼差しを向けたり、目標にすることは非常に良いことだと言えます。



しかし自分より秀でる人を誹謗中傷の対象にする人も中には存在します。

こうした誹謗中傷する人は、ターゲットに対して非常にコンプレックスを感じ、その人を決して自分が超えることが出来ないために、誹謗や中傷といった形をとりその人を否定しようとします。

これは自己防衛、自己肯定の一つであり、誹謗や中傷でしか自分を守ることができない弱い人間であると言えます。


そのため仮に自分が誹謗中傷の標的にされた場合、そうしたことを真に受けない姿勢が非常に大事です。



過剰に悲しんだり、落ち込むと相手の思う壺であり、低俗な人間に自分が引きずりこまれることになります。



誹謗中傷など一切気に留めず、更なる高みに自分を突き動かすことの方が重要です。
芸能界の女優やモデル、タレントなどは常に沢山の誹謗中傷にさらされています。



しかしそのことでいちいち思い悩み、落ち込む人はいません。むしろタレントやモデル、女優たちは中傷や誹謗を人気や注目度の高さのバロメーターとし、逆に歓迎する人もいます。



そしてその誹謗や中傷を自分の宣伝や営業活動に活用する人もいます。逆境を逆手にとり、自分の成長するチャンスと捉える姿勢は学ぶべきと言えます。


関連リンク

  • 誹謗中傷と言う言葉は「誹謗」と「中傷」というどちらも悪口を言うという意味の言葉からなっていますがそれぞれの言葉に特徴があります。誹謗は根拠があってある物事を悪くいう事であり、中傷は根拠もなくある物事を悪く言うことです。...

  • 一昔前ならば何ら根拠のない誹謗中傷のビラを自宅や職場などにばら撒かれたりするのが一般的でしたが、最近はパソコンやスマホが一般に普及したことが影響してインターネット上での誹謗中傷トラブルが急増しています。例えば匿名の掲示板で自分の個人情報をばらまかれたり、ありもしない誹謗中傷をされるケース、もしくは自分になりすました第三者がありもしない自分の話をしているなど、インターネットを使って全世界中の人たちに悪意のある情報を垂れ流しにするケースがあり、誰が何のためにしているのか全くうかがい知れないという恐怖があります。...