インターネットの誹謗中傷とは

インターネットは近年急速に拡大しており、様々な事に役立っています。



買い物や物事の予約、予定の管理などはもちろん、eラーニングシステムによる学習の教科や、教員とのやりとりなど、学校の現場でも多く用いられています。



また、商談などの重要事項もネットを介した形で行われるようになりました。
しかし、何よりも大きな事は、知らない世界の人とも交流出来ることではないでしょうか。

インターネットではソーシャルネットワークが大きく広がり、知らない人のプライベートまでのぞき込めるようになっています。

さて、そのようなインターネットだからこそ起こっている問題があります。



それは誹謗中傷です。
これまで、周囲の人間との間で起こる軋轢などに悩まされる人は多かったのですが、インターネット上に様々な悪口、虚偽の内容を書かれる事で被害を受けるケースが跡を絶ちません。誹謗中傷の多い理由としては、やはり匿名性という事や、自身の世界の中だけで起こっているものだと勘違いしがちであるという事があります。



匿名性は、掲示板で大きく発揮されますが、それだけでなく、実名のソーシャルネットワーク上でも知らない相手に対して暴言を吐く事がしばしばあります。



これは自身の社会的な地位などを加味した責任という物を発言にとらないでもよい事から起きる問題です。



そのため、自身の個人情報が漏れていようが関係なく言いたいことを簡単に気を使う事無く言ってしまいトラブルとなるのです。
そのため、発言に責任をとらないでも良いと考えていたら、広い世界であるネット上の知らない相手から誹謗中傷を受け、それが連鎖的に起こりやすくなっているのです。もしも誹謗中傷に巻き込まれたくないのであれば安易な発言を避け、不要な暴言を慎む事が必要といえるでしょう。

関連リンク

  • 一昔前ならば何ら根拠のない誹謗中傷のビラを自宅や職場などにばら撒かれたりするのが一般的でしたが、最近はパソコンやスマホが一般に普及したことが影響してインターネット上での誹謗中傷トラブルが急増しています。例えば匿名の掲示板で自分の個人情報をばらまかれたり、ありもしない誹謗中傷をされるケース、もしくは自分になりすました第三者がありもしない自分の話をしているなど、インターネットを使って全世界中の人たちに悪意のある情報を垂れ流しにするケースがあり、誰が何のためにしているのか全くうかがい知れないという恐怖があります。...

  • インターネットは近年急速に拡大しており、様々な事に役立っています。買い物や物事の予約、予定の管理などはもちろん、eラーニングシステムによる学習の教科や、教員とのやりとりなど、学校の現場でも多く用いられています。...