貴方がしているかもしれない誹謗中傷

誹謗中傷は、主観的な体験である事が珍しくありません。

誰もが明らかに中傷であると感じる内容は、周囲からの客観的な視点だけで中傷だと判定されますが、そうでない物もあります。


例えば、相手の社会的な背景を知った上で行う中傷があります。

奈良の税理士を求める人にお勧めしたいサイトです。

仕事が中々決まらない人に対して、安易にニートと呼びつけたり、穀潰しだと言う事などは中傷に当たります。

独自のシステムで相模原の税理士の詳細についてはこちらです。

これが、単に一度奢るだけの関係や、仕事をだらだらとサボっている事に対しての発言であればそのように認識されません。

奈良の会社設立に関する問題解決をサポートいたします。

また、片親であると分かっているにも関わらず両親の話をさせるなども、相手からすれば誹謗中傷を受けたと感じるかもしれません。

これも同じく、相手がどのように感じているかですので、言葉の使い方次第で、単なる冗談で済ませられるか、それとも誹謗中傷となるかが分かれてしまうと言えるでしょう。

https://okwave.jp/qa/q8981002.html

そのため、コミュニケーションを行う上で、誹謗中傷しないためにも相手の立場を考えなければなりません。

https://okwave.jp/qa/q5232715.html

相手の情報を知らない状態で安易に相手のプライベートな空間に踏み込むことは行わないでおくべき行為です。

自身がやられて嬉しくない行為とはなにかを基準に考えつつも、他者とは違う価値観を理解しておく事で、ある程度中傷を行ってしまうリスクは軽減できます。

プライベートな話題を安易に触れるのではなく、時期を見て徐々に行っていく事、そして自身が踏み込まれても良い内容だけを聞くように心がける事が誹謗中傷にかかわらないで済む処世術かもしれませんね。

http://medical.nikkeibp.co.jp/inc/all/gakkai/calendar/if907107.html情報サイトの利用価値をご存知ですか。

関連リンク

  • 一昔前ならば何ら根拠のない誹謗中傷のビラを自宅や職場などにばら撒かれたりするのが一般的でしたが、最近はパソコンやスマホが一般に普及したことが影響してインターネット上での誹謗中傷トラブルが急増しています。例えば匿名の掲示板で自分の個人情報をばらまかれたり、ありもしない誹謗中傷をされるケース、もしくは自分になりすました第三者がありもしない自分の話をしているなど、インターネットを使って全世界中の人たちに悪意のある情報を垂れ流しにするケースがあり、誰が何のためにしているのか全くうかがい知れないという恐怖があります。...

  • インターネットは近年急速に拡大しており、様々な事に役立っています。買い物や物事の予約、予定の管理などはもちろん、eラーニングシステムによる学習の教科や、教員とのやりとりなど、学校の現場でも多く用いられています。...